魂のパートナーシップ☆生き方ブログ(^^)

魂のパートナーと遊ぶためにこの地球にやってきた🌏✨

魂のパートナーの物語「君の名は。」次世代バカップルが感じる地球の流れ

ついに!!

観てきたよーーー!!(^^)

 

君の名は。

 

f:id:mawatarikazuki:20160925235654j:image

 

なんだか、すごく不思議な感覚。 

時間軸、空間軸が変わった感じ。

 

言葉では表現しづらい感じ。

 

都会と自然の融合。

男性性と女性性の統合。

 

などなど、色んなことを感じました(^^)

 

 

 もしかしたら、パートナーのゆみとも、色んな場面で出逢っていて、色んなストーリーがあったのかも!

って思っちゃました!(-´∀`-)

 

出逢う前から、いくつもシンクロしている出来事がたくさんだったから!

 

出身地も

喘息だったことも

学生時代の学生団体のことも

楽読をまこっちゃんから教えてもらったことも

地球、人類を想う使命だったことも

 

他にもたくさーーん!

出逢う前から同じことを想っていました!(๑ ' ∀ '๑)

 

パラレルワールドでは、もっと早く会っていて遊んでたのかな??(≧▽≦)

 

なんてね!(ˊᗜˋ*)

 

f:id:mawatarikazuki:20160925235137j:image

 

作品の中の挿入歌

RADWIMPS の スパークル

 

かなり深い✨

 

 

スパークル
歌手:RADWIMPS
作詞:野田洋次郎
作曲:野田洋次郎


歌詞:
まだこの世界は 僕を飼いならしてたいみたいだ
望み通りいいだろう 美しくもがくよ

 

互いの砂時計 眺めながらキスをしようよ
「さよなら」から一番 遠い 場所で待ち合わせよう

 

辞書にある言葉で 出来上がった世界を憎んだ
万華鏡の中で 八月のある朝

 

君は僕の前で ハニかんでは澄ましてみせた
この世界の教科書のような笑顔で

 

ついに時はきた 昨日までは序章の序章で
飛ばし読みでいいから ここからが僕だよ


経験と知識と カビの生えかかった勇気を持って
いまだかつてないスピードで 君のもとへダイブを

 

まどろみの中で 生温いコーラに
ここでないどこかを 夢見たよ
教室の窓の外に
電車に揺られ 運ばれる朝に

 

運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で僕ら恋をする

時計の針も二人を 横目に見ながら進む
そんな世界を二人で 一生 いや、何章でも
生き抜いていこう

 

愛し方さえも 君の匂いがした
歩き方さえも その笑い声がした

 

いつか消えてなくなる 君のすべてを
この眼に焼き付けておくことは
もう権利なんかじゃない 義務だと思うんだ

 

運命だとか未来とかって 言葉がどれだけ手を
伸ばそうと届かない 場所で僕ら恋をする

時計の針も二人を 横目に見ながら進む
そんな世界を二人で 一生 いや、何章でも

生き抜いていこう

 

ーーーーーーーーーーーーーーーー

 

みなさん、どう感じますか??

 

おいらは、今の新しい地球を生きる上でのメッセージに聞こえました!(-´∀`-)

 

今まで序章だったのが、、ついに物語がスタートする地球のながれ?✨

運命とか未来とかっていう次元ではなく、さらに高次元で恋をする。

パートナー = 自分

自分が自分に恋をする。

この状態で生きる!生き続ける!

 

やばいなぁ!ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)ァ

 

 

そして、そして、

 

みなさん見ましたか?? 

 天下泰平さんの分析がちょーオモロイです!!( *´꒳`* )

 

9月9日のククリの日から、スピリットメイトの統合の時代の流れがきている〜!

 

そんなタイミングで、

分離からの統合をして、出会うこと。

彗星の話。

2人の主人公の名前の意味。

 

ぜひ、見てみてくださいね♪

 

⬇️天下泰平ブログ⬇️

http://s.ameblo.jp/pure-tenkataihei/entry-12201880899.html

 

あとあと、名古屋でこんなイベント企画しましたよーーー!\(^o^)/

遊びにきてねーー!

◎10/9 日 「君の名は。」大ブーム!魂のパートナーお話会
https://www.facebook.com/events/661565604000159/?ti=icl

 

みんなでこれからの地球を遊びましょ?✨

 

ではっ!!(*゚▽゚)ノ

 

おいら、ズッキーはこんな人(๑ ' ∀ '๑)⬇️

http://mawatarikazuki.hatenablog.com/entry/2016/08/01/224920